1. HOME
  2. ブログ
  3. O脚矯正を自力で改善したら身長が2.1cm伸びた!さらなるメリットも!

O脚矯正を自力で改善したら身長が2.1cm伸びた!さらなるメリットも!

O脚矯正を自力で改善したら身長が2.1cm伸びた!さらなるメリットも!

私事ですが、長年悩んでいたO脚を自分で改善してみました。 「男でO脚を気にしてどうする!?」と思われる方もいるかもしれません、 しかしO脚を放置してしまうと、見た目の容姿だけでなく、将来、膝の痛みのリスクは非常に高まります。 老後、正座はもちろん自分の足で歩くこともできなくなってしまいます。 男女関係なく、すこしでも若いうちにO脚と向き合って将来の膝の予防ケアをしていくことが大切です。 私は整体師として、「自分のO脚くらい改善しなければ、お客様のO脚を改善することはできない」と考え、O脚について研究し、自分で改善する方法を見つけ出す決意を致しました。 O脚は5つのタイプに分かれ、日本人に一番多い「内ねじれO脚」です。 私自身の脚も「内ねじれO脚」で、脚が内側にねじれた後天的なO脚でした。 日本人に一番多い「内ねじれO脚」などO脚の5つのタイプについて詳しく書いた記事はこちら

日頃からの姿勢が悪かったのだと反省しています。 特に「脚を組む」クセがあったと思います。O脚を改善することを決意してから今では一度も脚を組むことはせず、正しい姿勢を心掛けました。

実際に5カ月かけて改善した私のO脚

実際に5カ月かけて改善した私のO脚

実際に5カ月かけて改善した私のO脚

O脚矯正実施結果
  • O脚矯正期間は150日(5ヶ月)
  • 実施前:膝間隔4.5cm → 実施後:0.5cm ・改善方法:O脚矯正歩行
  • LEGOOLエクササイズ(下記述)

O脚矯正期間は150日(5ヶ月)実施しました。毎日の姿勢や意識をすることは非常にたいへんでしたが 30代男でも自分でO脚を改善する事ができると証明することができました。ひとまず安心です。 膝が内側に向いてO脚形成をつくっていましたが、O脚が改善して、ずいぶんとすっきりした印象を持ちます。

O脚が改善して、身長が2.1cmアップした!

O脚矯正して身長が伸びた

O脚矯正して身長が伸びた

avatar

北野 優旗

O脚が改善してうれしかったことは、身長が2.1cmアップしました。 O脚時の身長は177.8cmだったのですが、179.9cmに伸びていました! あと0.1cmで180だったのにーちょっと悔しい。。。

O脚は骨盤、股関節、膝関節、足首関節の歪みをつくり、さらにお尻(臀部)や太もも(大隊筋)などの筋肉を硬縮させる症状を持ちます。 これらのO脚の症状が改善することで、ロスされていた身長が伸びるのだと考えられます。 では具体的にどの部位が真っすぐに伸びたのかご説明します。

※O脚改善による身長の伸び方には個人差があります。

O脚が改善されることで身長が伸びたとされる身体の部位

  1. 骨盤の前傾が改善され腰部から骨盤にかけてきれいなS字湾曲が形成された。
  2. 股関節、膝関節、足首関節の内側へのねじれが解消され、直線的に脚が伸びた。
  3. 猫背姿勢が解消され、背筋が伸びた

O脚を改善することで、姿勢まで良くなったと思います。胸をはって自信にも繋がりますね。 身長が伸びたこと以外にO脚が改善してこんなうれしい効果を感じました。

O脚が改善して感じた効果

  • 靴底の磨り減り方が、以前は外ばかりだったのが、親指側にもバランスよく磨り減る重心に変わった
  • スキーにーパンツを履いたときのシルエットがきれいになった!
  • しゃがむときに、膝がパキっと鳴っていたが、音がしなくなった。
  • 脚が長く見えた。
  • ヒップアップした
  • ぽっこりお腹がへっこんだ
  • 体重が3kgも落ちた!
女性がO脚を改善してスキーニーを履く

女性がO脚を改善してスキーニーを履く

O脚をあのまま放置していたら…と思うと怖くなった

O脚を改善して今思うことは、「あのままO脚を放置していたら、将来年を重ねていったときに自分の脚で歩けているだろうか」そんな恐怖を想像してしまいます。O脚は膝の内側に負担がかかり、膝が痛むリスクが3倍に高まると言われています。 当院でも膝に痛みを抱えてくる患者さんはほとんどO脚です。年をとってからO脚を改善するのは非常に大変です。年齢が高くなればなるほど、関節やじん帯、筋肉はかたくなります。その分、矯正期間も体力も必要となります。 少しでも若いうちからO脚に向き合い、改善していくことで老後の日常生活は大きく変わってくると思います。お友達とおいしい料理を食べにいったり、家族と旅行へいったり、誰にも迷惑をかけずに自分の足で歩けます。いつまでも若々しく美しく年を重ねていくためには、土台の足元が大事だと実感しました。

膝の痛みとは、 膝の関節の軟骨の質が低下し、少しずつすり減り、歩行時に膝の痛みが出現する病気です。 40歳以上で「膝の痛み」でお悩みの方は全国で800万人(推定)。その大部分は、膝の痛みによるものです。
O脚の膝の痛み

O脚の膝の痛み

わたくし北野 先生が実践した身長が伸びたO脚の改善方法

LESSON1 O脚を改善する正しい歩き方

O脚を改善するためには、正しい歩き方をマスターし、O脚を戻す筋肉の意識付けが欠かせません。 通勤通学の歩く時間を無駄なくエクササイズの時間に変えることができます。 詳しいO脚を改善するための歩き方はこちらをご覧ください。

LESSON2 O脚エクササイズ LEGOOL(レグール)

当院院長の北野 先生が開発したO脚矯正器具LEGOOL(レグール)です。 バレエダンサーにO脚はいません。バレエの隠された美脚エクササイズを実現することができます。 骨盤を引き締める効果もあり、女性のスタイルアップにお役に立てる自信のアイテムです。 私が行ったO脚の改善方法はこちらで紹介↓

LEGOOL(レグール)の公式ページ

まとめ:O脚を改善することで身長が伸びること以外にたくさんのメリット

O脚は、スキーニーパンツやスカートなど脚のシルエットがハッキリするファッションを好む方には少しでも改善したいと思うことでしょう。また成長期がとまり、身長をあと少しだけでも伸ばしたいと思う若者も多いです。またO脚矯正は身長や見た目の容姿だけでなく、将来的な膝の痛みなどの予防ケアとしても最適です。O脚矯正は少々時間のかかる矯正ではありますが、毎日少しずつエクササイズすることで改善されます。焦らず、将来の健康と美しさを手に入れるために頑張ってみてはいかがでしょうか。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

SNSFollowMe-small

Instagram[@QITANO.JP]
QITANO Instagram Instagram フォローする

 


Twitter[@QitanoJP]

Twitter-Qitano|キタノ

 


Facebook[@きたの均整院]

facebook-Qitano|キタノ

オスモティックパートナー

きたの均整院のオスモティックセラピー勉強会に参加する国家資格保有の安藤傑(すぐる)さんが2022年6月に観音寺市八幡町に整体院を開業します。
年齢はまだ若いにもかかわらず、確かな技術と知識・コミュニケーション能力でお悩み症状を解決する力は「すごい!」オスモティックセラピーも習得した技術で観音寺だけでなく三豊市にも新しい風を吹かしそうです。
観音寺市「ミライケア接骨院・整体院」2022年6月 OPEN予定で準備中