自己紹介

”全身全霊”をモットーとし
お客様と向き合って施術を行っています。
まだまだ施術の技術は
発展途上だと考えています。
常に勉強することが大切だと考えます。
”謙虚”な気持ちを忘れずに
お客様一人一人に丁寧に接していきたいです。
当院でできる最善の努力を
お客様の心へお伝えしていきたいと思います。

プロフィール

概要
生年月日:1982年1月生まれ  血液型:A型
出身:香川県観音寺市
現在は三豊市豊中町に在住ですが、生まれは観音寺の港生まれ。
高校:観音寺第一高等学校
部活動は陸上部に所属。投てきを専門とし、部活動に明け暮れる日々。
腰痛、肩、肘の痛みに苦しみながら全国大会出場し入賞する。


北野ボディメイクブログ

文武両道

順天堂大学 スポーツ健康学部
◆ スポーツ医学の研究
◆ バイオメカニクス
◆ 運動生理学
◆ 解剖学
◆ 中学・高校保健体育教員免許取得

大学で医学的な観点からスポーツ医学・健康・体の仕組みに関する基礎知識を身につけました。順天堂大学は、箱根駅伝のイメージが強くスポーツ体育の大学と思われがちですが、本来、当初は医学部によって設立された大学です。まだ記憶にも新しい2012年2月の天皇陛下の心臓手術は順天堂大学医学部の心臓血管外科教授・天野篤医師によって執刀されました。お客様の大切なお体をお預かりして施術を行う仕事です。スポーツと健康と医学を勉強しておりますので、正しい知識とマッサージ技術を習得しております。安心した施術でリラックスして受けられます。

均整法

身体均整法学園で確かな技術を習得
学生時代のケガでお世話になった身体均整法に入門。
身体均整法は、長い歴史をもった日本の代表的な手技療法です。戦後の手技療法の世界に、その名を知られた天才手技療法家、亀井進が戦後の療術科学科運動のなかで大成した画期的な技術です。亀井の編み出した身体均整法は、在来の整体法の枠をはるかに超えて、美容や能力開発、独自の体操設計・健康法の開発など、多くの分野でいまも多彩な人材を輩出しています。一般の整体スクールにはない一歩先の技術を求めており、身体均整法学園は、手技療法のもつ豊かな可能性と幅広い技術を学んできました。大学教授による解剖生理学をはじめ、ベテランの臨床家から直接手ほどきをうけるオステオパシーや経絡理論、12種体型学、脊髄神経反射療法の講議を受け、確かな技術身に付ける事ができました。

身体均整法について

セルフケア活動

セルフケア講演活動
学校や施設などでセルフケア講演活動
健康器具の開発
骨盤&O脚を矯正するLEGOOL|レグールを開発・販売
「QITANO|キタノ」メディア発信
SNSやブログなどのメディアを活用してセルフケア情報を発信
QITANO|キタノ