首(頸椎)は緩やかなカーブになっています。

《ストレートネック》
とは、
名前の通り、
頸椎のカーブがなくなった状態です。


なぜ、カーブがなくなると
いけないのでしょう。


それは、衝撃を和らげるクッションがなくなってしまうためです。


首は、頭を支えていて、
身体が動くときの色々な状況で
頭の重さからくる衝撃を吸収する役割を果たしています。

ストレートネックの影響としては、
・首コリ、肩コリ
・頭痛
・腕の痺れ、だるさ
・自律神経の乱れ
などがあります。


原因は、
〈頭が前に出てしまう姿勢〉
にあるようで、


うつむきの姿勢が多い

パソコンなどのデスクワークの姿勢は
ストレートネックになりやすいと言われています。

同じ姿勢で長時間過ごすことにより
首のしなりがなくなった状態です。


ストレートネックは
骨盤の歪みや、
背中の丸まり、
巻き肩(肩が前に丸まる)

などのつながりもあります。

ご自分でできる
改善方法として、


◯バスタオルを
クルクル細長く丸め、
首の下に置いて
枕代わりにして仰向けに寝る。

すると、
頭の重みで頸椎が引っ張られ、
自然なカーブに近づき、
首の歪みの矯正になります。

1回5分を2,3回行うと
1日〜1週間で効果が実感できます。


巻き肩の場合は、
後ろで手を組み、
胸を反らすストレッチなど
合間に行うといいですよ。


20150417-162529.jpg

萱原