【呼吸】は、
ほとんどの場合、
無意識に行っています。


【呼吸】によって、
酸素を取り込み、
二酸化炭素を吐き出します。

そして、

【自律神経】と【呼吸】
はつながっています。


《自律神経の働き》
循環
呼吸
消化
発汗(体温調節)
内分泌機能
生殖機能
代謝

《交感神経と副交感神経があり、
生命維持のために
無意識的に働いてくれています》

不随意運動です。


しかし、

この働きの中で、
【呼吸】
だけは、
自分の意志でコントロールできる行動です。


呼吸の重要性について、


《リラックスしているつもりでも、
《呼吸が浅い》と、
交感神経が優位になり

身体は
リラックスできていない状態
にあります。》


酸素を多く取り込むことで、
ストレスレベルが減少し、

代謝、血液の流れは正常になります。


みなさん、
毎日、忙しく
身体も疲れていると感じている人は、
1日の中で
【腹式呼吸】
をしてみましょう。

方法は、

息を吐いて、吐いて、
腹筋に力が入るくらいに
吐ききったら、

腹筋を緩めてリラックス
そして
身体が自然に
息を吸い込むと同時に
お腹が膨らみます。

これが腹式呼吸です。

《息を吐き切る》
ことが
深い呼吸のコツです。


普段の生活では、
姿勢がよくない場合は、特に、
呼吸が浅くなっていると思います。


腹式呼吸は
身体の調子を整え、
メンタルの安定にもなります。


息を吐く時に、
《丹田》
に意識を置きましょう。



20150406-151725.jpg

アスリートは
【呼吸】
の重要性を知っています。

ここ一番の場面で
唯一
自分をコントロールできるのは
呼吸だからです。


萱原