ぼくの、好きな映画で
《深呼吸の必要》
という映画があります。

タイトルはそこからいただきました。


今日は、
“ため息”
を取り上げます。


疲れたとき、
忙しくてホッと一息つくとき、
つらいことがあったとき、

ため息をつきます。

『ため息をつくと、
幸せが逃げる』

なんて、言われます。

が、
“ため息”
はわるいことではないのです。

もちろん、
ため息をつくときは
心身共につらい状態にあるかもしれません。

体が、
極度の緊張状態にあったり、
ストレスがあり、
無意識のうちに体が
空気を多く取り入れようとしている作用とも言われています。

しかし
“ため息”は…

◯脳と体に
新たな酸素を供給。

◯血行促進

◯副交感神経が高まり、
リラックス効果

◯ストレス発散、疲労回復効果

◯脳が感じる“不安”を和らげたり、
ネガティブな感情を軽減


なんと
“ため息”
は自分の心をコントロールする、

【心のリセット法】

として、体にとって
プラスの働きがあるようです。

つらいときは
思い切り、
“ため息”をつきましょう^o^



20150216-173523.jpg

香川は、ため池が多くあります。

萱原