体の
【ゆるみ度】
がプレーに大きく影響する

と、
運動科学者
高岡英夫さんは書いています。



20150202-154134.jpg

写真のように、
左脚の前方にあるボールを
右脚のアウトサイドで扱っています。


このような体の使い方は、
“腰回り”

“太ももの外側”
に無駄な力が入っていなくて
筋肉が柔らかいから 、
右脚を一瞬で左脚の前まで動かせる。 と書かれています。



20150202-155535.jpg

また、
イチロー選手は、
アメリカで
「バッティングで最も大切なことは何ですか」
と問われると、

『ゆるめることです』

と答えたらしいです。

上の写真では、
腰の中の
《腸腰筋》
がしっかりと使え、
脱力しているのがわかります。

これが、
全身が
ゆるんだときの自然な立ち方です。

【膝】が真正面に向いていて、
【足幅】はちょうど腰幅です。

この立ち方をマネすると、
腸腰筋がストレッチされて、

《全身がゆるんでいる》

という感覚がわかります!



20150202-160446.jpg

体が
【ゆるむ】

日常の生活も楽になり、
気持ちに 《余裕》 ができて
ストレスにも強くなります。

子供のころ

外で走り回って、
なにをしていても楽しかった

という思い出があります。

それは、
体に無駄な力が入ってなく、
体が楽な状態だったといえます。

小さな子供がうらやましい…

萱原