体の働きを調節するホルモン

分泌物を送り出す器官や細胞のうち、
管を持つものを       外分泌腺
管がないかわりに血液などへ分泌物を
送り出すものを       内分泌腺
多くの内分泌腺は発達した毛細血管を
もっており、分泌されたホルモン
ここから体中に送られます。

《ホルモンを分泌するところ》
甲状腺 =器官の前にあり体を活発にする ホルモンなどを分泌。
副腎   =左右の腎臓の上にあり、炎症をおさえるホルモンなどを分泌。
すい臓  =ランゲルハンス島という内分泌細胞の集まりが、全体で約100万あります。
卵巣=女性ホルモンを分泌します。

《下垂体ホルモンの働き》
下垂体ホルモンには、前葉から分泌される前葉ホルモン5種と、後葉から分泌される後葉ホルモン2種があります。
《前葉ホルモン》
成長ホルモン
体の成長ホルモンに働きます。
乳腺刺激ホルモン
母乳を作るためのホルモン
甲状腺刺激ホルモン
甲状腺の働きを活発にする
副腎皮質刺激ホルモン
副腎皮質刺激ホルモンを活発にする
性腺刺激ホルモン
精子や卵子の成長、性ホルモンの分泌をうながします

《後葉ホルモン》
オキシトシン
子宮や乳腺を刺激し、出産や母乳の出るのを助ける
バゾプレッシン
腎臓に働いて再吸収をすすめ、体内の水分量を調節する

女性ホルモンは本当に複雑だ。
イライラすると生理が遅れたりする。
何らかのストレスがあったり不安がある時は、交感神経が高ぶりホルモンの分泌も悪くなります。

どうやって皆さんはリラックスしていますか?

私は、1日1回大笑いしています。(*^^*)

たまには、女性ホルモンを整えるため
アロマの香りを香っています。
生理が遅い時は   ゼラニウム
                                 ローズマリー
                                 イランイラン
イライラしてる時
                               レモングラス
                               柑橘係+甘い香り
                                                                              日によって色々クンクンしています。(*^^*)

後は、足裏の副腎を刺激します。
これがまた、痛いけど気持ち良いんです。オイルをつけて流します🎵


image



冷え症にはピッタリ!

足を持ち上げ
ぶらぶらしたり

お腹を擦ったりします。

お客様で心臓がどきどきする方に・・・お腹をマッサージしています。

いつの間にかあら不思議
心臓のどきどきがおちついてきます。

カラダをリラックスする時間は
本当に大切にしたい時間ですね

いつも貴重なお時間の中、
リラクゼーションに足をはこんで
頂きありがとうございます。
帰りのお客様の笑顔が本当に、
癒されます。(*^^*)

以上鵜頭