20141205-113228.jpg

冬がきましたね!

暑かった時期が懐かしいです。

今日は、
冬の【乾燥対策】について、書きます。

空気が乾燥することで起こる、
身体の反応はどんなことがあるでしょう。

・肌が敏感になり、乾燥しやすい。
・空気が乾燥することで、空気中に
ウイルスが飛びやすく、風邪などで体調をくずしやすくなる。

まずは、冬の乾燥から身体を守りましょう‼︎

《敏感肌の対策》
・入浴時には、擦りすぎに注意。
ナイロンタオルでゴシゴシはよくありません。
(洗っていて気持ちいいですが)
届くところは“手”で洗うと良いです。

・シャンプーなどの洗浄剤は、
よく泡立てること。
手でガシガシではなく、
泡で包みこむように洗いましょう。
(ガシガシ洗いたいですが)
泡立てることで、皮膚の汚れは落ちやすく、洗浄剤の成分が残りにくくなります。

続いて、
《部屋の乾燥対策》
です。
部屋の湿度は、50%〜60%が良いそうです。

・洗濯物を部屋で干す。
洗濯物がよく乾くし、加湿効果があり、一石二鳥です。
できるだけ、日当たりのよい窓側に干しましょう。

・部屋に観葉植物を置きましょう。
植物にあげた水を、葉っぱが蒸発させるので、加湿効果があります。

《食事はバランスよく》
・ミネラルを含み、皮膚や粘膜の潤いを維持し、新陳代謝を活発にする食材として、特におすすめなのは、
ウナギ、アナゴやサバ、イワシなどの青魚、乳製品、卵、緑黄色野菜、
海苔、ワカメなどがよいです。

また、冬におすすめの
有名な食材は、
【生姜】
ですね!

生姜は血液の循環を活性化させ、
内蔵を活発にし、
さらに、抗酸化作用があり、
風邪、頭痛、咳、嘔吐などの症状の治療を助けてくれるという素晴らしい食材です。

おまけ。

《寒い!》
と、脳が感じると、
《脂肪を燃やす》
作用が働くみたいですよ。

冬の寒さをポジティブに捉えていきましょう〜



20141205-113239.jpg

萱原